古書を売り買いするときは?|初めてでも大丈夫!とっても簡単な古書の買取り!

古書を売り買いするときは?

ページが開いている古書

「古本」が一般書店でも容易に入手でき、値段も新刊書より安いのに対して、「古書」とは絶版となった本のことをいい、出版社に直接注文しても手に入らないため、その希少価値も高く、多くの場合では定価より高値で取引されます。では「古書」の価格とは具体的にどのように決まるのでしょうか。平均的な価格も踏まえて見ていきましょう。「古書」の価値は、主に本自体の価値、状態によって決まります。よって、綺麗なものほど高く、傷などが酷い場合は価値が低くなります。また、古書店などによっては発行年数や著者なども考慮にいれて価値を決めることがあります。一般的なビジネス本や自己啓発本が古本屋などであまり高く売れないというケースも多いですが、これが「古書」となると、一冊で平均千〜五千円程度で取引されることもあります。文学作品の場合、平均的な価格は先程のビジネス本などと同じくらいですが、著者や発行年などによっては数万円するなど、かなりの高値で取引されることもあります。

それでは「古書」を売り買いするにはどうすればよいのか見ていきましょう。先程「古書」の価格の決まり方についてまとめましたが、「古書」をより高く買い取ってもらうためには、まず第一に「本の状態を良くすること」です。傷や汚れがついては、「古書」の買取価格が低くなってしまいます。普段から大切に扱いましょう。また査定などに持って行く際に、本についた埃や簡単にとれる程度の汚れなどは拭くなどをしてできるだけ綺麗にして持って行く方が良いです。次に「買い取ってもらう店ごとの査定方法などに合わせる」ことです。基本的な査定基準は本の状態などが多いですが、店によってはその査定方法が違うことがあります。あらかじめ店の情報を調べたりするなどをしてより高く買い取ってもらえる店に行きましょう。いかがでしたでしょうか?最近ではネット上での買い取りを行っているところもありますので、多様な査定方法を用いている店や、高く買い取ってもらえる店を探してみましょう。