古書の魅力と買取ポイント|初めてでも大丈夫!とっても簡単な古書の買取り!

古書の魅力と買取ポイント

本を持っている手元

古書の買取を依頼する場合、高額買い取りになりやすいポイントが存在します。まずはお店選びです。店舗型の古書店は、それぞれのお店に得意分野が異なります。例えば日本文学にしても、純文学や古典文学、現代文学などあらゆるカテゴリーに分かれています。したがって、そのお店が得意としているカテゴリーを調べることで、強化買取の可能性を調べることができるのです。 また、シリーズになっている作品は、単体で売るよりもセットで売ることがポイントです。シリーズを1セットとして購入する利用者が多いので、お店側もセットになっている古書を重要視します。さらに帯や箱などが付いている場合は、一緒に持ち込むことで査定金額がアップする可能性が高まります。

古書の買取相場は書籍のジャンルや発行部数によって変化します。さらに、昔からある個人の古書店と、大型の古本チェーンでは査定基準が異なるので、一概に相場が決まっているとはいえません。しかし一方で、買取相場の特徴にはある程度傾向があります。 査定金額に左右するポイントは、現在でも入手可能なのか否かです。現在でも新品で購入出来る場合、買取相場は定価よりもかなり安くなります。一方、すでに入手困難な書籍の中で、特別な条件を満たしていれば、当時の定価よりも高い相場の古書が存在します。例えば歴史的価値のある文献や、初版本はその代表例です。中にはサイン入りの初版本で、何十万円もの価格で取引される絶版本もあるくらいです。 このように古書はお店によって扱い方が異なり、買取相場も大きく変化します。これから古書を売る方は、そのジャンルに詳しいお店を選ぶようにして下さい。